長井商事株式会社

長井商事株式会社

WINDOW FILM

快適な空間は、
窓が作る。

ウインドウフィルムで安全・快適・エコな暮らし。

ガラスの飛散防止で安全。地震や台風などの災害対策に。

ガラスの飛散防止で安全。
地震や台風などの災害対策に。

地震・台風などの災害時、割れたガラスが飛散するのを防止。飛び散ったガラスによる二次被害を未然に防ぎます。貼ってあることがわからないほど透明感があり、丈夫なフィルムで、安全性を高めることができます。

冷暖房効率アップで省エネ・節電。

冷暖房効率アップで
省エネ・節電。

夏の窓からの日射熱をカットし、冬は室内からの放熱を軽減するため、空調の負担が抑えられ、節電・省エネ効果を発揮します。冷暖房の効果が高くなるため、快適にお過ごしいただけます。

UV(紫外線)をカットしより安心な暮らしに。

UV(紫外線)をカットし
より安心な暮らしに。

紫外線は、肌細胞に損傷を与えたり、活性酸素を発生させ老化を促進するなど、人体に悪影響を及ぼします。ウインドウフィルムは窓から差し込む紫外線をカットします。家具、畳、じゅうたん等の色あせ・変色を防止する効果もあります。

経験豊かなスタッフが責任を持って、
適切なフィルムをご案内します。

私たちは正しい施工技術と的確な品質で「安全」「快適」な窓環境づくりに貢献するフィルム施工のプロ集団です。
ガラス用フィルムは、適正な施工が伴って、はじめて製品本来の性能が発揮されます。
当社のガラスフィルムの施工はJGFA(日本ガラスフィルム工事業協会)加盟店の国家資格技能者が行います

  • 長井大輔

    建築ガラス用フィルム1級技能士・防犯フィルム施工技能者

  • 中野哲也

    建築ガラス用フィルム1級技能士・防犯フィルム施工技能者
    2級建築施工管理技士

  • 原田進

    建築ガラス用フィルム1級技能士・防犯フィルム施工技能者

  • 白濱嘉人

    建築ガラス用フィルム1級技能士・防犯フィルム施工技能者
    2級建築施工管理技士

安心の品質・施工保証内貼り3年 / 外貼り2年

保証期間中、工事において使用されたフィルムの品質の不良に起因して著しい劣化変色または剥離、膨れその他外観に著しい不具合の発生を確認した場合は、当該不具合が生じたフィルムの貼付け再施工を無償で実施致します。

よくあるご質問

  • ガラスフィルムの値段はいくらぐらいですか?

    ガラスフィルムの値段は、フィルムの種類やガラスの面積によって異なります。 ガラスフィルムを貼りたい窓ガラスの寸法がわかれば、概算のお見積を作成致します。数量が多い場合は、直接お伺いして採寸・お打合せも致します。(お見積もりは無料です。)

  • ガラスフィルムの工事はどのくらいの時間がかかりますか?

    一般的なガラスフィルムですと、注文を頂いてから1~2週間ほどで工事を始められます。戸建て住宅の場合、半日から1日で工事完了できます。
    工事内容を確認し、お客様とお打ち合わせの上、ご希望の日程や時間に合うようスケジュール調整致します。既存フィルムの剥離や高所作業等の特殊作業が必要な場合はさらに時間がかかることもございます。

  • ガラスフィルム施工後の清掃はどうすればいいですか?

    通常の清掃は問題ありませんが、フィルム面に硬いものが接触するとフィルム表面に傷がつく場合がありますのでご注意ください。
    作業後にお渡しする「取扱説明書」に従ってお手入れをしてください。

  • 施工後に小さな水泡ができましたが、施工不良ですか?

    「水残り現象」というもので、水泡は、施工時にガラスとフィルムの間に残った水分が、集まってできたもので、施工不良ではありません。
    この現象は水分の蒸発とともに消滅し改善されますが、日当たりの悪い場所や冬季など気温が低い場合には1ケ月~3ケ月を要する場合があります。

  • 冬場の結露は防げますか?

    断熱フィルムには結露を軽減する効果がありますが、完全に防ぐことはできません。

お問い合わせはこちらCONTACT

お問い合わせ・お見積もりのご依頼はこちら
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

企業様向けのご案内

温度測定と試し貼り

温度測定と試し貼り

室内およびガラスの温度測定を行い、快適な空間を作るための効果的なガラスフィルムをご提案することが可能です。また、フィルムの試し貼りを行い、実際の効果を検証。より理想の空間作りを目指します。

熱割れ計算

熱割れ計算

ガラスフィルムを貼付するとガラスの日射熱吸収率が高まり、サッシ埋め込み部分などのガラス周辺部との温度差が大きくなりやすくなります。
そのために、熱割れと呼ばれる現象が発生する可能性が高くなります。
直射日光を多く受ける部分に日射熱吸収率の高いフィルムを貼った場合には、特に注意が必要です。
当社では、事前に熱割れ計算を行い、フィルム施工が可能であるか・フィルムの種類は何がベストかを十分に検討したうえでお客様に最適なご提案をさせていただいております。

お問い合わせはこちらCONTACT

お問い合わせ・お見積もりのご依頼はこちら
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

トップに戻る